巻き爪の直し方 【便利品】30分で自分で治せる矯正器具巻き爪ロボ

医療機器認可取得の本格巻き爪治療器具「巻き爪ロボ」

巻き爪ロボ Aタイプ

自宅で簡単に巻き爪を直せる装置です。

医療機器としての認可を取得している商品です。

自宅で一人で簡単に巻き爪の治療ができます。

①装置を付けて、

②20分お湯につけて、

③ドライヤーで乾かして、

④外して。

それだけで刺さっていた爪の角が浮き上がっています。

爪の形で二種類の機器があります。

 タイプA(左右対称)  タイプB(左右非対称)
   
・曲がり方が左右ほぼ均等な爪

・巻き込みが深い爪(90度以上)

・厚みが左右ほぼ同じの爪

・足の親指以外や手などの小さい爪

片側が大きく変形している爪、左右で厚みが極端に違う爪「以外」の方は、こちらのAタイプ。

4つの関節で、初期から重度の巻き爪、小さな爪の変形にも柔軟に対応できます。

爪の両端を均等な力で持ち上げるので、爪の曲がりが左右ほぼ均等であれば、すべての巻き爪に対応できます。

※片側が大きく変形している爪、または左右で厚みが極端に違う爪の方はBタイプ、またはABタイプセットをお選びください。

・片側が大きく変形している爪

・左右で厚みが極端に違う爪

片側が大きく変形している爪、または左右で厚みが極端に違う爪の方は、こちらのBタイプをお選びください。

左右非対称のフックにより、大きく変形している側、爪の厚い側を約2倍の力で持ち上げることができます。

※関節が2つのため、直角(90度)より深く巻き込んだ爪には対応できません。

片側が大きく変形している爪、左右で厚みが極端に違う爪以外の「すべての巻き爪」に対応する万能型スタンダードタイプ。

爪の状態に合わせて変えられる爪押え具のアタッチメントが5点付属します。

楽天での口コミは良いのと悪いのとが!

よく見ると、巻き爪の矯正に関してはよいと書かれているのですが、壊れやすさから悪い評価を付けている方がいるようです。

「せっかく良い商品なのに・・・」と。

それを踏まえ、改良し、さらに1年保証を付けるようにしたという注意書きと、謝罪が書いてありましたので、その辺りの心配はもうなさそうです。

時間が経つと多少戻ったりはするようですが、それはどれでも同じのようなので、一度の治療でこれだけ効果があって、繰り返し使えるならお買い得ですよね。

医療・福祉関係の仕事についているのですが、巻き爪のお年寄りをよく見かけます。

悪化すると肉にささったところから炎症を起こして、歩くのもできなくなってしまっています。

せっかくリハビリを受けに来ても、歩行訓練ができなかったりすることも。

巻き爪予防の基本は、爪を指の先より短く切らないこと。

特に角が肉の上に来ないように、切り口が丸みを帯び過ぎないように真っすぐになるように切ることが重要。

でも、まずは今の症状を改善して正しく伸びるのを待つしかないので、自分で治療しましょう。

ちょっとお高いですが、一度買えば何度も使えるので、たびたび病院に通うよりはいいのではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加