水槽内の大きい隔離ケース『ビックフィッシュハウス』|メダカが金魚に食べられないように分ける

水槽内で使う大きめの隔離ボックス


アズ―ビックフィッシュハウス

我が家では大きめの金魚とどじょうを一緒の水槽で飼っています。

この二種類は混泳しても問題なし。

でも、子供がお祭りでメダカすくいをやってきて25匹ほどのメダカを連れて帰ってきました。

しかもほとんど稚魚。

これは絶対食べられる!

以前川でつかまえた小さなエビを入れた時は金魚が食べてしまいました。

とりあえず家にあった水作 産卵箱(フロートボックス)に入れて水槽に浮かべました。

でも、小さいとはいえ25匹をこれに入れていては窮屈。

しかも、小さい赤ちゃんでも抜けないように水が通るところは狭いため、底にフンやら食べかすやらがどんどんたまりました。

とりあえず水槽内に仕切り板を作って取り付け、大きいメダカだけ産卵箱から出してみました。

ですが仕切り板とガラスのちょっとした隙間から通り抜けメダカが金魚の方へ。

みるみる数が減ってしまい、慌ててまた産卵箱へ戻しました。

仕切り板を完全に隙間なくつけるのは無理なので、大きめの隔離ケースがないか探していたところアズ―ビックフィッシュハウスを発見。

こちら

ビックフィッシュハウス

 

こちら稚魚を守る産卵ボックスと違いかなり大きいです。

30.8cm×14.5cm×16.5cm

あります。

円柱の筒に空気が入っていて浮きになっているので浮かびます。

吸盤もついているので、固定したい場合は吸盤で固定します。

 

透明の板が蓋としてついていますが、本体との固定部分は結束バンドでかなりチャチな作りです。

ちょっとした衝撃で壊れそう。

うちは蓋はいらないので結束バンドを切って取りました。

稚魚ではない普通の魚を隔離するためのようで、水が通る穴も大きいです。

ビックフィッシュハウス 穴の大きさ ビックフィッシュハウス 底穴の大きさ

側面の穴の大きさ:3~4mm

底面の穴の大きさ:4~5mm

めだかは稚魚じゃなくても通り抜けるかも知れません。

目の細かいもう少し小さいケースもあったのですが、目が細かくて底に穴がないとフンなどのカスがたくさんたまってしまうため穴が大きめのこちらにしました。

そしてこちらにはメダカではなく、金魚の方を入れることにしました。

側面の穴からメダカが入ってしまうと食べられてしまうため、側面には目の細かいネットを付けました。

100均のダイソーで買ったお風呂場の排水口用ネットです。

 

側面の板は外れるので、下をちょんぎたネットを側面の板にかぶせました。

二枚重ねてこんな感じです。

何もつけていないと本体につけてもスカスカ簡単に抜けてしまう板なので、ネットをつけることで抜けにくくなり安定しました。

45cm水槽に入れるとこんな感じでちょっと狭いですが、メダカは小さいので大丈夫でしょう。

金魚がちょっとかわいそうだけど仕方ない。

どじょうとメダカの稚魚を一緒に水槽へ

メダカとどじょうは一緒に入っていますが特に問題ありません。

ドジョウはめだかを全く気にしていないようです。

金魚の脇をメダカが通ると、金魚は食べようとして加速し壁に激突してます。

怖い怖い・・・。

しばらくみていましたが、底の穴からはメダカは入って行かないようです。

作りはチャチですが水に入れてしまえば壊れることもなさそうだし、大きさも申し分なく買ってよかった隔離ケースです。

アズ―ビックフィッシュハウス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加